第1章 「佐藤さん」ー家庭と校舎は別世界ー

  1. 1話 「虚勢は張らない」

    「自分が何をやりたいのか、明確にならないまま就職したからなぁ」 相変わらずビールを飲み続け…

  2. 2話 「ゆとり世代」

    佐藤さんは1989年生まれ。昭和天皇が崩御し、「激動の昭和」と呼ばれた、日本で最も長い元号が終焉…

  3. 3話 「無意識に描かない将来」

    食べる、寝る、性を満たす、運動をする、研究する、誰かに認められる、孤独を貫く、豊かな生活が可能な賃金…

  4. 4話 「佐藤くんの大冒険」

    「無意識・無計画・安定志向」日を改めて、佐藤さんと会うことになった。 今の佐藤さんから…

  5. 5話 「薄れる冒険者としての自我」①

    ■クラスの中心「小学生までは、周囲なんて全く気にせず好き勝手にやってたよ」好き勝手という言葉…

  6. 6話 「薄れる冒険者としての自我」②

    ◯校舎の中では冒険者「でも、当時本当に好きな子を、ポケモンカードを一緒に買いに行こうと誘ったこと…

  7. 7話 「兄と姉」

    ■兄と姉月曜日から金曜日の夕刻。 両親が勤務中で家を開けている間、家の和室で敷布団に包まれて…

  8. 8話 「父の存在を渇望する佐藤さん」

    働き尽くしの両親両親は、月曜日から土曜日まで働いていた。まとまった時間が取れる休日は、日曜日だけ…

  9. 9話 「我慢強い母親」

    母は強し「お母さんは、厳しい人だったね。小さいときから」 2014年4月。佐藤さんの母…

  10. 10話 「家族への不信感と自我の探求」

    深まる不信感高学年になると、まずは父親である正之さんとの関係が悪化した。家庭行事に不干渉の正之は…

PAGE TOP