佐藤さん。

新卒就労1年目、平日の昼間、父から凶報の電話が・・・。
「気を落とさずに聞いてくれ。お母さんが、くも膜下出血になって病院に運ばれた」
NIKEに夢を馳せる若者の、お母さんとの話。

  1. 17話「俺を見ろ」

    NBA選手への挫折佐藤さんはバスケットボールに対する自分の潜在性に期待を抱いて入学した。しかし、…

  2. 16話「苦しみのバスケットボール」

    強豪高校への入学高校生になった佐藤さんは、一層バスケットボールにのめり込むようになる。他に何かが…

  3. 15話「夢の欠片」

    母親の明美さんは、当時の佐藤さんの行為をどのように捉えていたのだろう。最初から気付いていたとしたら、…

  4. 14話「告白」

    時刻は深夜1時を周り、いつもの通り、先程まで忙しく動き回っていた店員も、賑わいを見せていた客も、大人…

  5. 13話「無得点キャプテン」

    点数なし、人徳あり佐藤さんは、バスケットボールは空間のスポーツだと表現する。どういう風の吹き回し…

  6. 12話「人の目」

    ■ 環境の変化「外部環境が一気に変化したからか、自分の思うようにならないことが多かったからか、人…

  7. 11話「バスケがしたいです」

    ■ バスケしか、してません「毎日バスケだよ。とにかくバスケ。それしか見えてなかった」月は変わ…

  8. 10話 「家族への不信感と自我の探求」

    深まる不信感高学年になると、まずは父親である正之さんとの関係が悪化した。家庭行事に不干渉の正之は…

  9. 9話 「我慢強い母親」

    母は強し「お母さんは、厳しい人だったね。小さいときから」 2014年4月。佐藤さんの母…

  10. 8話 「父の存在を渇望する佐藤さん」

    働き尽くしの両親両親は、月曜日から土曜日まで働いていた。まとまった時間が取れる休日は、日曜日だけ…

さらに記事を表示する
PAGE TOP